FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月3日
アムステルダムのホテルでもう一泊した我々は、10時頃の飛行機でイギリスへ出発することに。

添乗員さんから、バスが来るまでゆっくり朝食を取ってくださいとのことだったので、
すぐに出られるように準備を済ませて朝食を頂きました。

食後のコーヒーを飲んでいると



急な招集。


ツアー客の中には、今まさにご飯を食べに来たところって人も居ましたが、このバスを逃すと次いつ来るかわからないので
慌ててバスに乗り、空港へ向かいました。



空港へ行く途中にバスの窓から撮った、オランダのお家。



オランダのお家ってすごく可愛いんですよね。
私的に、寒い地方の人は家にこだわるんじゃないかなと思うんです。

外に出る時間が短いから、快適にインドアを過ごすために素敵な家に住む。的な。
デザインの国フィンランドも寒い国だし、最近北欧家具とか流行ってるし。

オランダもすごく寒かったから、お洒落なお家に住んでるんだろうなーなんて思った道中でした。





手続きを済ませて、日本から出発して50時間以上かかり、やっとのことでイギリスへ入国。

因みにオランダからイギリスへは45分くらいで着きます。
近くて遠いイギリス。




入国審査を終えて、待ちに待ったスーツケースを受け取りにレーンの前へ。



・・・。


来ない・・・。



来ませんでした!
簡潔に言うと、空港の手違いでこの日もスーツケースを手にすることは出来ず
やっと着替えられると思ってた我々はドン底まで落胆。

重苦しい雰囲気のまま、ロンドンからコッツウォルズ地方へ出発しました。


私がロンドンに着いて一番に思った事。

それは



汚い。

道端にゴミが散乱してて、思ってた以上に汚い。

さすが外国。




ロンドンからコッツウォルズまで3時間。
バスに揺られてやっとこさ第一の目的地に着きました。

ここでアフタヌーンティーをお昼ごはん代わりに頂きました。
(すでに4時くらいでしたけどね!)



私達以外にも新婚旅行のご夫婦がいて、そちらの方達と相席させていただきました。



スコーンはしっとりしてて美味しかったです。紅茶もすごく美味しかったです。

謎のケーキは頭が痛くなるほど甘かったですが…



時間がかなり押してたんで、アフタヌーンティーを急いで食べ終えて、
コッツウォルズ地方のバイブリーと言う村の街並みを見学。





こんな感じの建物がいっぱいならんでて、映画のセットかおとぎ話の世界か。
間違って迷い込んでしまったように錯覚しました。

凄くびっくりしたんですけど、この街って普通に人が住んでるんですよ。
窓から見える室内には人の姿が確認できたし、普通にテレビ見てたし。





結構テンション上がりました。



(人の家です)

勝手に入ったら怒られますよ。多分。




その後、バートンオンザウォーターと言う街へバスで移動。

ここは30分くらいで着きましたが、バートンオンザウォーター名物の
お洒落なショッピング街の店はほとんど閉まってました。

この辺のお店って5時くらいまでしかやってないんだって。

アンティークショップとかあって行きたかったなー。残念。




ここの駐車場で一組のツアー客の怒りが爆発して添乗員さんへ詰め寄り、険悪な雰囲気になったのはいい思い出。



ほぼ丸二日の予定が潰れてるから、文句言いたくなる気持ちも分かるけど、
どうしようもないからねぇ。

私だって楽しみにしてたシェイクスピアの生家と植物園に行けなかったから、文句も言いたかったよー。
しかも新婚旅行だよー?一生に一度だよー?

みんな辛いんだよー。



でも怒ってる人が居ると逆に冷静になれますよね。

取り敢えずその場はなだめて、ホテルの近くのパブで晩御飯を食べました。

ゴミのように不味かったです。

でも店員さん可愛かった。




3日目のホテルは予定通りテュークスベリーパークホテルへ宿泊。

ここでは何と!部屋に!リンスがありました!


オランダのホテルはシャンプーしかなかったんですよね。

久々にリンス的な物を髪の毛に施しましたが、相変わらず髪の毛はバシバシでしたとさ。



以上です。
長くなってすみません。今日は疲れたのでこの辺で。また次回。



ランキング参加中です!
慌ただしすぎてひとつの記事にまとめるのに苦戦してる坂本に応援クリックお願いします!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://179328yuee0316.blog.fc2.com/tb.php/149-056dd71d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。